HOME > 平成30年 取手市こども天国演武会

今年の「取手市こども天国」は雲一つない晴天に恵まれた。 取手市利根川河川敷で毎年行われる、こども天国では小学校対抗のドッチボール大会をメインにヒーロー戦隊ショーや、犬と触れ合えるドックショーなど、子どもたちが一日中遊べるイベントだ。 我が取手市空手道連盟では、精鋭の子どもたちが演武をさせてもらっている。
日頃の練習の成果を青空と青芝生の上で一生懸命に披露する。 まずは、全員で基本演武。 黒帯の中学生から白帯の子までキリッとした基本演武がすがすがしい。 人前で演武をするというのは、恥ずかしさも反面あるようだけど、自信にみちた顔で演武をする子どもたちにとっても良い機会だと思う。
全員での基本演武の後は、またまた全員で平安二段の形を演武。 覚えたばかりの白帯君たちの平安二段も素晴らしかった。 
続いて個人形の演武。 平安五段とチントウが披露された。 2020年東京オリンピックの正式競技にさいようされた空手道。 この空手道には「型」と「組手」があり、大人になると、どちらか一本に絞る人が多いが、子どものうちは、どちらもやっていくのが良いと考える。 両方の歯車を同時に回転させ、子どもたちは空手道を邁進する。
ミット打ちも披露。 ミットの中心を狙って、突き。 蹴り。連続技がさく裂する。 良い音が出ると気持ち良いね。
1対1の試合形式の組手演武も行われ、鋭い突きや、迫力のある蹴りなどがズバッと決まる。 試合ではメンホーや、ボディプロテクター、足にも着けるすねプロテクターなどを着装して試合をするが、この日は拳サポーターだけで組手をした。 最後はみんなで乱組手。全員が相手だ!
取手市体育協会の取手市スポーツ少年団もこの日、ドジョウすくいの屋台を出していて、暑い中、宮本先生も一日中お手伝いをされていた。 ごうろうさまでした。


サイトポリシー  個人情報保護方針 Copyright(C) 2013 toride city karate federation. All Rights Reserved