HOME > 平成30年 全国大会・関東大会出場壮行会&合同練習会

平成30年も多くの選手たちが全国大会・関東大会や東日本大会に出場を果たした。 その選手たちを祝う為、頑張ってきてもらうために7月21日(土)に当連盟に所属する選手たちが一堂に集められ、合同練習後、壮行会が行われた。 まずは、今年、理事長に就任した小林先生から全員に気合いをもらった。
礼をした後、早速合同練習を開始。 身体を温める為、まずは走る!走る!走る! しかし、今年の夏は異常な暑さ・・・身体を温めるどころか、少し走っただけで、もう汗ダクダク・・・でも、走る!走る!走る!
いっぱい走ったら、中段突きと、上段突きの一本どり。 しっかり腰を入れて、身体全体で前に出て一本を取る。  これが出来ないと実際の試合の時になんか相手の中に入って中段を突くことなんかはできない。 しっかり身体全体で飛び込め!
次はメンホーや胴プロテクターなどを着けて1分間の試合形式。 道場中に選手たちの気合いが飛び交い始める。 相手を変え、何度も、何度も試合をした。 選手たちはほとんど休む間も無く何度も、何度も・・・
しかし・・・集中が切れずに戦い続ける選手たち。 練習なんだから新しい技、先生から教わった技をどんどん出して行こう。 肝心なのは下がらずに前に出る事・・・どんな時も前に・・・前に! 
交代、交代ではあるが、もう1時間以上組手の練習をしている選手たち。 先生たちの熱もヒートアップしてきた。 指導にも熱が入る。 普段の道場内だけの練習とは違い、いろんな道場の選手と練習できるからね。
練習が終わり、壮行会が開始された。 今年、茨城県の代表として関東大会や、全国大会に出場する選手たちへの激励会だ。 当連盟の会長 上妻優介氏にお祝いの言葉を頂き、開会された。 選手たちには花束が用意され、選手たちに手渡された。
簡単な会ではあったが、選手一人ひとりから戦ってくる意気込みの言葉が聞けたのが良かった。 ちょっと硬すぎだったけど(笑) 当連盟に所属する多くの選手たちが、今回合同練習会に参加をしてくれた。 その多くの選手たちの前で全国・関東に進んだ選手のお祝いをしたのには訳がある。 今年、勝ち進めなかった選手たちには是非、来年はお祝いをされる側になってもらいたい・・・勝ち進めなかった選手たちと、今回お祝いをされた選手たちの「差」は、ほんの少しだ。 来年は花束をもらう側に是非なってくれ! 来年は花束100束くらい用意しなければならなくなるくらいwww


サイトポリシー  個人情報保護方針 Copyright(C) 2013 toride city karate federation. All Rights Reserved